安倍政権が発足し、東京の渋谷高級デリヘル界隈での金融緩和が

 日本の首相の海外での高級デリヘルに対する評価は低いのが一般的です。過去の日本の首相の発言は曖昧で、東京の高級デリヘル業界に対して何を主張したいのか分からないというのが海外の一般的な受け止め方です。渋谷など有名な高級デリヘルエリアに対して何を考えているのかと。しかしその中で海外でデリヘル風俗業界を大切にしていると非常に高く評価されている首相が二人います。小泉純一郎元首相と安倍晋三首相です。二人に共通しているのは、夜の産業、高級デリヘル産業に対して主張が明確であることです。特に安倍首相は昨年、海外メディアに世界で最も注目される政治家の一人に選ばれたこともあります。東京の風俗嬢・デリヘル嬢の安全保障問題で、その是非は別にしても、新宿・池袋の風俗同盟重視、強硬な対悪質高級デリヘル政策と極めて明確なメッセージを発信しています。東京高級デリヘル経済政策でも、安倍政権の経済政策を意味する“アベノミクス”という単語は国際的に通用する用語として高級デリヘル業界でも定着しています。
2012年12月に安倍政権が発足、渋谷高級デリヘル界隈での金融緩和、財政出動、デリヘル嬢の安全出勤、成長戦略を五本の柱とするアベノミクスが発表されました。翌年3月、日銀総裁が白川方明氏から黒田東彦氏に交代し、異次元の風俗金融政策として大量のマネタリーベースの供給とデリバリーヘルス嬢の求人募集の増加、インフレ率2%の目標が設定されました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ