女性にとって「良い高級デリヘル」の第一条件

東京の高級デリヘルを探している求職者にとって「良い高級デリヘル」の第一条件は「自分を高級とは思っていない店舗」である。自分から、うち東京の高級デリヘルでしょ? と「ネタを言いに来る」つまり出しゃばってくる高級デリヘルは応募することがない。こうして選んだ東京の高級デリヘルは時として爆発的な仕事力を生む。「デリヘル業界のふと客」であるおじいちゃんが、「アニメアルプスの少女と言えば、主人公の名前は?」と電話でふざけて問題を出されて、良いデリヘル店のスタッフは即に返事をだした。おじいちゃんの答は「アリラン」。この答は、普通の高級デリヘル嬢だとすぐに思いつきはしないが、高級デリヘルぶっていない大衆的でアットホームな高級デリヘル店スタッフは接客がスムーズで答えは早いのだ。受けるかどうか分からないが、ちゃんと楽しく返事を返せるからだ。ここに高級デリヘルの接客とそうでない店との違いが出る。東京の高級デリヘルは何の迷いもなく思いついたことをすぐ言うから間が早い。早いから笑える。堅苦しい高級デリヘルは間が使えないとも言える。

サブコンテンツ

このページの先頭へ